糖尿病で食べてはいけない食べ物とは?

糖尿病と診断されたら絶対に食べてはいけないものがあるって知ってますか?

わたしは糖尿病になって10年以上経ちます。つい最近まで薬物治療と食事療法を続けていました。
しかし一向に改善する気配もなく『きっと一生こんな生活が続くのだろう』と思って日常生活を過ごしていました。

糖尿病の食事療法は、糖質制限・カロリー制限・塩分制限の3つが基本になります。
血糖値が急に上がらないように、食べる順番を気にしたり、ゆっくり噛んで食べる工夫も必要です。
食べる量が少ないので常に空腹状態という辛い生活もと糖尿病が悪化するのが怖くて我慢してきたのです。

ところが糖尿病患者が絶対に食べてはいけないものを知ったら血糖値が下がってしまったのです。

糖尿病で食べてはいけない物とは糖質と炭水化物

糖尿病患者が絶対に食べてはいけない物とは糖質と炭水化物です。

わたしも全く知らなかったのですが、重度の糖尿病だった親友が糖尿病を治したという話をキッカケに知りました。

わたしの親友は糖尿病と言われていたのに放置していました。ある日の朝のことですが突然目の前が真っ暗になり救急車で運ばれました。 糖尿病網膜症といって目の血管が破れたのが原因です。ギリギリのところで失明を免れた親友は、糖尿病治療で有名な兵庫県加古川市に崇高クリニックで治療を受けました。 そこで糖尿病患者が絶対に食べてはいけない物とは糖質と炭水化物と指導されたのです。それを守ったところ血糖値が正常値で安定するようになったそうです。

糖質と炭水化物を含む食べ物とは?

糖尿病になると膵臓の機能が低下しているので糖を吸収するためのインスリンというホルモンが分泌されなくなります。 この状態では自分で血糖値を下げられないので薬やインスリンを投与して血糖値を下げると言う仕組みです。

その上で糖尿病の食事療法を続けていたのですが、彼が言うには血糖値を上げる栄養素【糖質と炭水化物】が含まれている以上、血糖値が上がってしまうと言うのです。 自分で血糖値を下げられない状態なのに血糖値を上げる栄養素を食べているのだから、薬やインスリンが必要になります。 こんな事を続けていても結果は変わりません。 だとしたら食べてはいけない糖質と炭水化物を辞めるべきだ!といのです。

そこで糖質と炭水化物を含む食べ物を調べてみました。それが以下の表です。

種 類 品 目 分 量 糖 質 備 考
ごはん類 白米 お茶碗1杯
150g
55.1g
白米、玄米、もち麦、大麦など主食のご飯は食べてはいけない食べ物です。カレーライス、チャーハン、丼物も要注意。
玄米 お茶碗1杯
150g
53.9g
パン類 食パン 1枚
60g
26.6g
パンは小麦で出来ているので糖質が多く食べてはいけない食べ物です。サンドイッチや菓子パンなど全て要注意。
クロワッサン 1個
45g
14.0g
めん類 ラーメン 1杯
230g
69.7g
ラーメン、そば、うどん、パスタ、焼きそば、はるさめなど糖質が多く食べてはいけない食べ物です。
パスタ 1杯
250g
77.7g
野菜類 ジャガイモ 1個
110g
16.1g
ジャガイモ、カボチャ、たまねぎ、人参など糖質が多く食べてはいけない食べ物です。
たまねぎ 1個
200g
13.5g

この他にも糖質や炭水化物を含む食べ物は沢山あります。バナナ、リンゴなど果物類やケーキやアイスクリームなど菓子類、 コロッケやから揚げなどの揚げ物、さらには調味料や飲み物にも多く含まれています。 食事療法で食べている物の中に含まれているものばかりで驚きました。

糖質と炭水化物を食べなければ血糖値は下がる!

中途半端に糖質制限をするよりも思い切って糖質を食べなければ血糖値は下がるよ!と親友が教えてくれたのです。

先ほども言いましたが、血糖値が上がる食べ物は【糖質と炭水化物】です。 これを食べなければ血糖値が上がりません。血糖値が高くないのに薬やインスリンを飲んだら変ですよね。だから薬が必要なくなります。 事実、親友は一切薬は飲んでいません。そしてカロリー制限もしていないのでステーキなど肉料理を好きなだけ食べています。 これには、さすがに驚きました。

親友のやっている事は崇高クリニックの指導の元に行っている食事法です。単に糖質を摂らないという訳ではなく健康状態を維持するために摂らなければならない栄養素が沢山あるので素人が真似してはいけないそうです。

本当に糖尿病が改善されるのか半信半疑でしたが、本当に薬を辞めてステーキを好きなだけ食べられる生活ができるなら俺もやってみたい!そう思いました。 しかし加古川まで行くのは不可能です。そこで彼が紹介してくれたのが自分でできるDVDです。メチャメチャ高いDVDだったので迷いに迷ったのですが、 彼の入院費と比べたら数十分の1と分かり購入を決めました。すると実践開始から6日目で劇的に血糖値が下がりました。嘘のようで今でも信じられません。

断糖食の糖尿病改善法画像

断糖食なら薬やインスリンを辞められる理由とは?

糖尿病になる前は、糖質(炭水化物)を摂取してもインスリンのメカニズムで血糖値は常に正常範囲内にコントロールされていました。 ところが糖尿病になるとそのメカニズムがうまく機能しませんので、糖質を摂取すると血糖値を上昇させてしまいます。 そのために薬やインスリンで血糖値を調整しながら、食事療法や運動療法を続けていると思いますが、この方法では糖尿病を治すことはできません。

糖尿病を治すには、インスリンを分泌しているすい臓の機能を回復させるしかありません。しかし現在の食事療法では膵臓を回復させることが出来ません。 糖尿病で血糖値が上がる要因は、体外から糖質を摂取するからです。もし糖質を一切摂らなければ血糖値が上がることはありません。 血糖値が上がらないのに薬やインスリンを投与すると低血糖を起こしショック状態になります。

つまり薬やインスリンは必要なくなります。これが荒木裕さんの断糖食による糖尿病改善法です。 難しいカロリー計算もカロリー制限もないので空腹感を感じることもありません。もちろん薬もインスリンも不要ですし、合併症の恐怖もありません。 シンプルに血糖値を上げる糖質を断つこと!そして必要な栄養素を忘れずに摂取するだけです。 早ければ数日で血糖値が下がり始めます。

画像糖尿病の断糖食はコチラ



ページの先頭へ