断糖食で治す【荒木式】がん対策プログラム

荒木式がん対策プログラムの画像

ガンと診断され方に試して欲しい!ちょっと驚きの最新食事法
今なら全額返金保証が付いていますから安心です!

コチラで実践者の詳しい感想を紹介しています!

【荒木式】がん対策プログラムは、完全にガンを治すことはできませんが、ガン細胞に必要な栄養素を絶ち、ガンの進行を抑えることができる食事法です。荒木裕先生は、この方法で実際に多くのガン患者を救ってきた実績があります。ガンと診断され絶望するよりも前向きに挑戦してみませんか?

【荒木式】がん対策プログラムの概要

糖を断ってがん細胞を死滅させる「断糖食」とは?

がん細胞は、糖をエネルギー源としていて、正常な細胞の16~18倍もの糖を取り込む性質があります。がん細胞の成長には、このエネルギー源となる糖が欠かせないので、糖の摂取を断ってしまえば、がん細胞は、生きていけずに死滅してしまうのです。

【荒木式】がん対策プログラムは、この仕組みを利用した食事法「断糖食」を実践していきます。「断糖食」とは、その名の通り“糖を断つ食事”のことで、エネルギー源の糖がなければ生きていけず、通常は消滅させることが難しいがん細胞を糖を断つことで死滅させることができるのです。

人間の体内の正常な細胞は、タンパク質と脂肪によって構成されているため、炭水化物などの糖を摂取しなくても問題ありません。しかも、【荒木式】がん対策プログラムの場合、人間の体を作るのに欠かせない栄養素で、タンパク質や脂肪で構成されている細胞の新陳代謝に大きく関わっている必須アミノ酸や必須脂肪酸もきちんと摂取しますし、これらの栄養素を摂取することで、免疫力をアップさせることもできるので、病気に強い体も作ることもできるのです。

がんを発症すると手術・抗がん剤・放射線などのがん治療による副作用や後遺症に悩まされ、生活の質も落とさなければならず、どうしても気持ちが後ろ向きになってしまいます。しかし、【荒木式】「断糖食」を実践すれば、がん治療による副作用や後遺症に悩まされることなく、生活の質も高く維持しながら、延命効果を最大限まで引き上げることができるので、最後まで苦しまずに1日でも長く自分らしく生きれ、上手くいけば完治させることできます。

実は「断糖食」はすでにある民族によって有効性が実証されていた!

【荒木式】がん対策プログラムで紹介されている「断糖食」は、実は、すでに世界のある民族によって有効性が実証されています。

ある民族とは、エスキモー・マサイ族・モンゴルの遊牧民たちのことで、エスキモーはアザラシ・クジラ・トナカイなどの肉を食べ、マサイ族やモンゴルの遊牧民の食事も動物の肉が中心で、糖をたっぷり含む米・麦・野菜・果物といった炭水化物をほぼ口にしていません。

つまり、彼らの伝統的な食文化と【荒木式「断糖食」の考えは同じ原理なのです。その証拠に、糖を口にしない彼らは、がんをはじめ、生活習慣病やその他の病気にかかることがほとんどありません。エスキモーが住む北極圏は穀物が育ちませんし、マサイ族やモンゴルの遊牧民は農耕をしないので、彼らの伝統的な食文化では、穀物を食べることがなく、糖を摂取することがないのです。彼らが、がんにならないのは、がんのエネルギー源となる糖を摂取しない食文化のおかげだということが言えるのです。

【荒木式】がん対策プログラムでは、彼らの食文化と同じ原理である“糖を断つ”「断糖食」を実践することで、自分らしくがんと向き合って過ごせるようになります。



関連情報


 


このページの先頭へ